小児矯正歯科

TOP>小児矯正歯科

矯正治療を始めるタイミングで
最も適しているのは『小児期』です。

お子様にこんな歯並びや仕草はないでしょうか?

  • 八重歯・前歯のガタガタ(叢生)
  • すきっ歯(空隙歯列)
  • 出っ歯(上顎前突)
  • 受け口(反対咬合)
  • 前歯が開いている(開咬)
  • お口がポカーンと空いている
  • 下唇が厚ぼったく出ている
  • いつもグスグスと鼻詰まりを起こす確率が高い
  • よくいびきをかく
  • 爪を噛んだり頬杖をついたりする癖がある

このような歯並びや、仕草が見られたらご相談ください。

上記のような歯並びや仕草は、正しい『呼吸』と『嚥下』ができていないことで起こる歯列不正と言われています。

この正しい呼吸と嚥下を獲得し、理想的な歯並びを手に入れるためには、矯正治療を小児期から始めることが、最も効果的といわれております。

さらには、嚥下と呼吸の悪い習慣が身についてしまうと、歯並びに悪影響を及ぼすだけではなく、心と身体にさまざまな影響を与えると言われています。

のざき歯科医院には口育士も在籍!

「口育」は、日本では主に予防矯正として歯科医が行っている「機能予防管理術」で、日本口育協会では資格制度を設けられております。

そんな口育について、十分な知識を持ち認定された「口育士」がのざき歯科医院には在籍していますので、お子様の口腔機能の成長サポートを行います。

子供のうちに矯正治療することの大切さ

矯正治療自体は、大人になってからでも行なえますが、あごの成長は子供の頃に起きるので、小児期に矯正治療を行う方が容易になります。
最近の子供は、あごが小さく、歯が大きい傾向にあります。
歯並びをきれいにするスペースを確保するために、永久歯を抜くケースがありますが、早期治療であごの成長を促すことで、永久歯を抜歯せずに治療を行えることもあります。

そのため、小児矯正治療は5歳~8歳に開始することが理想になります。

『お口の健康を通して来院される皆様の人生が
より素晴らしくなるためのサポートをしていくこと』
を理念に、子供の人生をより豊かにする
治療を提案してまいります。

『お口の健康を通して来院される皆様の人生がより素晴らしくなるためのサポートをしていくこと』を理念に、子供の人生をより豊かにする治療を提案してまいります。

当院の矯正治療についてはこちら

インビザラインファースト

歯科医師の診断のもとお子様1人ひとりにあった治療法をご提案致します。

小児矯正の費用

198,000〜398,000円(税込217,800円~437,800円)