インビザラインファースト

TOP>インビザラインファースト

子どものマウスピース矯正装置
「インビザラインファースト」

のざき歯科医院では、子どものマウスピース矯正「インビザラインファースト」による矯正治療にも対応しています。

インビザラインファーストは、乳歯が永久歯へと生え変わる約6歳~12歳位(混合歯列期)の子どもを対象とした矯正装置です。透明な素材で取り外しもできるため、一般的なワイヤーの矯正装置に比べて見た目が良く、快適な矯正治療が可能です。

インビザラインファーストは顎の拡大と
歯並びの改善が同時に行える

本来、小児矯正は顎を広げ、永久歯がきれいに生えてくるための環境を整えることが主な目的となります。顎を広げてあげることで自然に歯並びがきれいになることもありますが、多くの場合、永久歯が生え揃った後に歯を動かす矯正治療が必要になります。

一方、インビザラインファーストは「顎の拡大」「歯を適切な位置へ動かすこと」が同時に行えるため、効率よく歯並びを改善することが可能です。

子どものマウスピース矯正「インビザラインファースト」の特徴

透明で目立たない

マウスピースは薄くて透明なため、歯に装着している状態でも周囲の人に気づかれることはほとんどありません。装置の見た目をコンプレックスに感じることなく、快適な矯正治療が可能です。

虫歯になりにくい

マウスピース矯正「インビザラインファースト」は、食事や歯磨きの際に取り外すことができます。装置に汚れが付くことなく、しっかりと歯磨きが行えるため、虫歯リスクの軽減が期待できます。

通院回数が少ない

マウスピース矯正「インビザラインファースト」は、約2週間を目安に患者さま自身がご自宅にてマウスピースを交換します。そのため、歯科医院への通院も1~2ヵ月に一度でOKです。

光学スキャナー「iTero」による不快感のない型取りを実施

光学スキャナー「iTero」

のざき歯科医院では、マウスピースを製作する際に必要な歯型を光学スキャナー「iTero」によって採取いたします。

一般的に使用されるガムのような材料は必要なく、お口の中をスキャンするだけですので、嘔吐反射が強い方も不快感を感じることなく、短時間で精密な歯型を採取することができます。

歯並び・顎骨の状態によっては、マウスピース矯正「インビザラインファースト」で改善が難しい場合があります。診査・診断の結果を基に適切な矯正方法をご提案いたします。